松村行政書士事務所

化粧品の製造販売業許可申請にお困りなら。
松村行政書士事務所が化粧品の製造・販売に必要な許可の取得をサポートいたします。

化粧品の製造販売業の許可取得なら | 松村行政書士事務所

化粧品の広告ルール・規制について

化粧品の広告については独特の細やかな規制がなされています。
新聞や雑誌、テレビやラジオ、インターネットによるウェブサイトやSNS等、全ての媒体においての広告が対象です。
都道府県の薬務課等は定期的な広告監視を行っている他、違反・逸脱した広告はすぐに同業他社からの通報等もありますので、化粧品広告を行う上でのルールを定めた「医薬品等適正広告基準」の知識は必須です。

 規制の根拠
 
化粧品の広告について、その内容が虚偽誇大等にならないよう、主に以下により規制がなされています。
・ 医薬品医療機器等法 第66条
・ 医薬品等適正広告基準(平成29年9月29日薬生発0929第4号)
 
化粧品広告を作成する上で大事なことは、ただ例示で示されている表現をそのまま参考にするのではなく、何故その表現がNG(又はOK)なのかを、条文や通知に遡って確認することです。
この確認によって、かなりの見逃しを防ぐことができると思います。
他社の同じような広告を示して、「あの会社だって同じような広告表現をしている」と訴えても、役所は大目にみてはくれませんので・・・

 法律上の広告とは?
 
医薬品医療機器等法においての広告とは、
1.顧客を誘引する(顧客の購入意欲を昂進させる)意図が明確であること。
2.特定医薬品等の商品名が明らかにされていること。
3.一般人が認知できる状態であること。
以上3点全てを満たすと広告とみなされます。(平成10年9月29日医薬監第148号)

 罰則は?
 
医薬品医療機器等法第85条により、2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金に処し、又はこれを併科するとなっています。
 
 医薬品等適正広告基準について
 
より具体的な化粧品広告のルール・規制について、それぞれの通知に基づいて記載してみます。
 
● 目的、対象広告、広告を行う者の責務
● 名称に関しての基準
● 効能効果・性能及び安全性表現について
● 成分や用法用量表現について
● 効能効果の保証・安全性保証表現・最大級の表現等の禁止
● 他社製品の誹謗広告の制限
● 医薬関係者等の推せん広告の禁止
 
 
弊事務所では、化粧品の広告ルール・規制等をクリアするためのリーガルチェック・各種サポート業務も行っております。
依頼業務の内容やご要望等、お客様の必要に応じたサポートをさせていただきますので、まずはお気軽にご連絡下さい。
 

| HOME | お知らせ | 取扱業務一覧 | 報酬額 | 事務所概要 | お問い合わせ |

医薬品販売業(薬局やドラッグストア)
医薬品の製造や輸入(医薬品製造販売業許可/医薬品製造業許可/医薬品の承認 等)
医薬部外品の製造や輸入(医薬部外品製造販売業許可/医薬部外品製造業許可/医薬部外品の承認 等)

医療機器の販売業・賃貸業(コンタクトレンズ販売等/カラーコンタクトも含む)
医療機器の製造や輸入(医療機器製造販売業許可/医療機器製造業許可/医療機器の承認、認証 等)
医療機器の修理業

化粧品の製造や輸入(化粧品製造販売業許可/化粧品製造業許可/化粧品製造販売届 等)
動物用の医薬部外品や医療機器等の製造や輸入(ペット用シャンプー 等)
FD申請とは?(フレキシブルディスク申請)
倉庫業における許可取得

【主な業務地域】
東京都:町田/八王子/多摩/稲城/府中/調布/日野/狛江/三鷹/国立/立川/昭島/福生/武蔵野 等
    世田谷/渋谷/新宿/港区/目黒/品川/大田/文京区/千代田区/杉並区/中野区/中央区/江東区 等
神奈川県:横浜/川崎/相模原/大和/座間/海老名/厚木/伊勢原/藤沢/鎌倉/横須賀/小田原/三浦 等

【免責事項】 このサイトが提供する情報等に関しては万全を期しておりますがその内容を保証するものではありません。 万が一これらの内容を使用したことにより損害を被った場合について、当事務所では一切責任を負いかねます。

Copyright© 化粧品の製造販売業の許可申請をサポート | 松村行政書士事務所 All right reserved!!